#3 辻絵梨香 スペシャルカラーリスト 2019年入社

一度は諦めた美容師。自分のペースで前に進める場所で再出発

アフロートに新卒入社し、約3年半アシスタントとして勤務。その後、自身の腱鞘炎を機に同社を退職。

一度はお休みしていた美容師への道を、Perfume by AFLOATでもう一度再出発した頑張り屋さん!

Perfume by AFLOATとの出会い。

元々アフロートルヴアで一緒に働かせていただいていたヒロシさんからお声をかけてもらいました。

私は元々アフロートで3年半アシスタントをしていたんですけど、その時に腱鞘炎になってしまって退職せざるを得ない状態だったんです。辞めたときはもう悪化しすぎていて左手がまったく動かなくなっていたので、大好きな美容だったけど本当に早く治ることだけを考えていました。それから腱鞘炎の症状も良くなったころに、「また一緒に働かない?」とヒロシさんから声をかけてもらったのがきっかけです。

Perfume by AFLOATへの転職の決め手。

私は美容師に戻るにあたって、また腱鞘炎を繰り返すのが一番不安だったんです。親にも心配をかけたくなかったので…。

でも、全部の事情や私の退職の時の想いも知っていたヒロシさんだったからこそ、「体調面を第一に優先していいよ。自分のペースでやっていいよ。」と言ってもらえて。そんな風に言ってくれると思っていなかったんで、不安なく入社を決めることが出来ました。

もちろんヒロシさん以外は皆さん初対面だったので、ドキドキはしてましたよ!

規模が小さくなればなるほど、スタッフってすごく重要だと思うし、その雰囲気がお客様にも伝わるから。でも、ヒロシさんと一緒に働いていた時にヒロシさんのキャラクターを知っていたので、なんか大丈夫なんだろうなって思ってた部分もあります。ヒロシさんはいつもスタッフの声を聞いてくれる人だったんです。カウンセラーみたいな(笑)だからこそ当時から何でも言いやすかったし相談しやすい人でした。だから安心してついていこうと思えましたね。

自分のペースで働ける中で、アフロートの技術が学べるのは大きな魅力でした。あと、アフロート本店よりもお店の規模が小さい分、よりマンツーマンで技術や接客を教えてもらえることはとても魅力に感じました。

 

 – ふたつの違いを両方体験している辻さんだからこそ感じるリアルな声ですね。

 

はい、それは大きい違いだと思います。40人のアシスタントがいる中で、通常1人1人が教えてもらう時間なんて3分とかなんですよ。でもそれを丸々1時間とか教えてもらうことが出来るから成長は絶対早いと思います。アフロートで20年働いてきた技術、接客をしっかり教えてもらうことが出来る環境はなかなか無いですよね。

もちろん、むこうの方がよりたくさんのお客様を対応しないといけないので、営業スピードが格段に上がるなどのメリットもあると思いますけど、私にはひとりひとりのお客様に対してちゃんと悩みを聞いてあげられる今の環境の方が向いていると感じています。

Perfume by AFLOATで働く中で、やりがいを感じること。

カラーリストとして、お客様にパーソナルカラーのアドバイスをさせていただいたんですけど、次に来店してくださった時にその提案させていただいた似合う色の服を着て来てくれた時はめっちゃテンションあがりました!自分がお勧めしたヘアケアアイテムを使ってくれて、「ありがとう、これ使ったらすごく良くなった!」などと喜んでいただける姿を見るとすごく嬉しいですね。アフロートで働いていた時よりもひとりひとりのお客様に向き合えるのはとても嬉しくやりがいを感じます。

 

今後の目標を教えてください。

今、カラーリストとしてやらせてもらっているけど、カットも出来るようにしてひとりで全部担当して、もっとお客様の悩みに寄り添えるように、知識などをたくわえて頑張りたいです。ひとりで担当出来たほうが、接客者がどんどん変わるよりもお客様も安心だと思うので、自分で出来ることをたくさん増やしていきたいです!

Read More...

#1  RYO トップスタイリスト 2018年入社

“美容師として、生涯顧客を多くもって長く付き合える関係性を築いていきたい”

#2 柳原あおい トップスタイリスト 2017年入社

“私はカットが好き!妥協したくなかったからこそしっかり見比べて転職”